SEOのスパム行為

SEO対策といえども、やってはいけない行為がある、いわゆるスバム行為である。スパム行為とは、検索エンジンがサイトを評価するポイントをうまく利用して、ある特定のキーワードで無理矢理上位表示させようとする行為のことを指す。 なぜ、検索エンジンがペナルティを課してまでスパム行為を禁止しているのか、その理由は検索エンジンの存在目的にある。検索エンジンはWeb上に存在している情報を、 ユーザが求めているものに合わせて探し易くするように整理された状態にしておくととを目的としている。スパム行為を行っているサイトが上位に表示されることで、本来上位に表示されるべきサイトが下位に押し下げられてしまうのだ。結果として、ユ ーザは探したい情報が見つけられない状態となってしまう 。 そうした状態を作らないために、検索エンジンはスパム行為を厳しく禁止 しています。 検索エンジン各社はスパム行為を禁止しており、スパム行為を 働いていると判断されたサイトにはペナルティが課せられる。検索エンジン で上位に表示させたいがために行き過ぎた行為をしないようにすることが大切です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です