アメリカのSEO対策

アメリカのSEOは日本以上にハイレベルで、取り組むには覚悟が必要です。Google本社もあり、常に最新のSEO情報が求められます。

検索エンジンアップデート

ほとんどの場合、検索エンジンアルゴリズムのアップデートはアメリカから始まります。日本では、アップデートが反映されるまで期間があくため、アメリカでのアップデートによる変化を事前に分析して対応できますが、アメリカではそうはいきません。リアルタイムでの迅速な対応が求められます。

サイト内対策

競合が多いため、リンク対策だけでなく、しっかりとしたコンテンツ対策を行い、中長期的な視点でSEO対策に臨みましょう。コンテンツ制作の際、SEOに精通したウェブサイト専門のコピーライティング会社へのアウトソーシングも積極的に行われています。

リンク対策

リンク対策として、しばしばリンクホイールという手法が使われます。これは、ディレクトリ登録、ブログ記事、記事サイトへの投稿、プレスリリース配信など属性が違う複数種類のリンクを張り、かつリンク元のサイト同士で円を描くようにリンクを張り合う手法です。とはいっても、やはりGoogleは意図的なリンク対策は推奨していないため、リスクを十分に理解したうえで対策を行うべきでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です