開閉パネルは必ずCSSで

PCサイトでマウスオーバーした際に、下層、さらに下層へと、リンクが表示されるサイトがあると思います。このようなサイトでは、PCのみのWebサイトでは閲覧することができても、タッチデバイスにはマウスカーソル・マウスオーバーなどの概念がないため、原則実装することができません。同じような効果を見せることは不可能ではありませんが、jQueryなどのスクリプトに頼ることになってしまいます。そもそも、JavaScriptよりもCSSでの表現方法を選択した方が、検索エンジンも理解しやすいため、リスク回避という観点からも無難です。

ユーザー回線で考えた際に、スペースの限られているスマートフォンではアコーデイオンなどのCSS仕様の開閉パネルがベストです。欲しい情報に早くたどり着くために、またストレスなく見てもらうためにも必要となる手法です。

JavaScriptについて

]avaScriptは、ヘッダ内(head)に書くことが一般的となっています。そして、ほとんどのサイトが、実際にそのようにしています。

しかしながら、JavaScriptは必ずしもヘッダ内に書かなければいけないということはありません。実は、bodyタグ内にJavaScriptのソースコードを書いても、きちんと読み込んでくれるのです。

次の例は、サイト診断のためにiGoogleアナリティクス」を設置する場合のHTMLコードです。

この例のように、Googleアナリティクスを設置する場合は、設置のためのコードをボディ終了タグ</body>の直前に書くようにしましょう。

その他のJavaScriptについても、表示に支障をきたさないか検証の上、</body>直前にソースコードを移動させてみましょう。

アメリカのSEO対策

アメリカのSEOは日本以上にハイレベルで、取り組むには覚悟が必要です。Google本社もあり、常に最新のSEO情報が求められます。

検索エンジンアップデート

ほとんどの場合、検索エンジンアルゴリズムのアップデートはアメリカから始まります。日本では、アップデートが反映されるまで期間があくため、アメリカでのアップデートによる変化を事前に分析して対応できますが、アメリカではそうはいきません。リアルタイムでの迅速な対応が求められます。

サイト内対策

競合が多いため、リンク対策だけでなく、しっかりとしたコンテンツ対策を行い、中長期的な視点でSEO対策に臨みましょう。コンテンツ制作の際、SEOに精通したウェブサイト専門のコピーライティング会社へのアウトソーシングも積極的に行われています。

リンク対策

リンク対策として、しばしばリンクホイールという手法が使われます。これは、ディレクトリ登録、ブログ記事、記事サイトへの投稿、プレスリリース配信など属性が違う複数種類のリンクを張り、かつリンク元のサイト同士で円を描くようにリンクを張り合う手法です。とはいっても、やはりGoogleは意図的なリンク対策は推奨していないため、リスクを十分に理解したうえで対策を行うべきでしょう。

SEOのスパム行為

SEO対策といえども、やってはいけない行為がある、いわゆるスバム行為である。スパム行為とは、検索エンジンがサイトを評価するポイントをうまく利用して、ある特定のキーワードで無理矢理上位表示させようとする行為のことを指す。 なぜ、検索エンジンがペナルティを課してまでスパム行為を禁止しているのか、その理由は検索エンジンの存在目的にある。検索エンジンはWeb上に存在している情報を、 ユーザが求めているものに合わせて探し易くするように整理された状態にしておくととを目的としている。スパム行為を行っているサイトが上位に表示されることで、本来上位に表示されるべきサイトが下位に押し下げられてしまうのだ。結果として、ユ ーザは探したい情報が見つけられない状態となってしまう 。 そうした状態を作らないために、検索エンジンはスパム行為を厳しく禁止 しています。 検索エンジン各社はスパム行為を禁止しており、スパム行為を 働いていると判断されたサイトにはペナルティが課せられる。検索エンジン で上位に表示させたいがために行き過ぎた行為をしないようにすることが大切です。

 

title要素

SEO対策でもっとも重要になるtitle要素について。title 要素は検索エンジンが重視しているだけでなく、検索結果に表示されるので、検索結果のクリック率にも関わる要素です。
title要素とは、その名の通り対象のWebページのタイトルとして扱われ、検索結果やブラウザのタブに表示される要素です。 title要素はhead 要素内に記述する要素で、以下のように開始タグの<title>と終了タグの</title> の間に、ページのタイトルを記述します。
<head> <title> ここにペ ージのタイ トル を記述 </title> </head>

title要素は、検索結果のタイトルやブラウザのタブに表示されるだけでなく 、さまざまなところで利用される要素です。SNSでシェアされた際のタイトルやソーシャルブックマ ークのデフォルトのタイトルとしても利用されるので、シェアしやすい内容にするのはもちろん、シェアを見た人の興昧をひく内容になっていることも重要です。また、利用者が対象ページの紹介で外部リンクを張る 際にも、多くの場合title 要素の内容が利用されます。
title要素は、 Google の検索結果にも表示されます。

SEO対策なら東京SEOメーカー

SEOの仕組みがインハウスSEOに向いてきた

たとえ内容の薄いホームページでも、外部対策さえしっかり行っていれば 上位表示されていた時代がありました。しかしGoogle のアップデートにより 、 内容がない、訪問者の役に立たないホームページの上位表示が厳しくなってきました。それは Google が、検索している人に最適なホームページを表示させようとアルゴリズムを常にアッフデートさせているからです。 企業のホームページも、訪問者の役に立つ内容がなければ上位表示されに くくな ります 。だからこそ、手聞をかけた手作りサイトが今後評価さ れてい くのです。個人や外注先のやっ つけ仕事ではなく、社内でじ っく りとサイト を育てたほうが圧倒的に評価されます。 実はこの点こそ、インハウス SEO をすべき点なのです。

ロボット型への対策

現在の主流であるロボッ卜型検索エンジンへの対策方法について、現在日本ではどのようなロボット型検索エンジンが利用され ているのだろうか。 Google . Yahoo! JAPAN . Live Search (MS N) の3エンジンの対策をしておけば、圏内トップ 1 0のサイトにおおよそ対応できることがわかるだろう。分析のために掲載順位や流入数の定点観測をするのであれば、 Google . Yahoo !JAPAN . Live Search (MSN) の3エンジンを行っておけば十分だ。また、 Google、Yahoo ! JA PAN、Live Search (MSN)の3エンジンは、一部特有のアルゴリ ズムは存在するものの、「検索体験を向上させるためのアブロ ーチ方法」はどの検索エンジンにおいても共通で適用できる概念であるため、 対策方法に大きな差異はないと考えて良いだろう 。

SEO評価されるコンテンツ

ただ単にアフィリエイ 卜リ ンクをクリックさせて誘導しているだけの独自性のないブログ記事はなかなか上位表示できません。googleが良しとしないコンテンツになっているので、仮に希望するキーワ ードで上位表示したとし
ても、それは一過性のもので、すぐに順位がタウンしてしまうはずです。対して、同じアフィリ エイトサイトでも訪問者にとって役立つオリジナルコンテンツを発信していれば、検索順位を維持し続けることができます。同じア
フィリヱイ卜サイトでも、アフィリエイトサイ トだけでも充分に コンテンツとして成り立っていれば、検索順位の維持ができるのです。google の評価される コンテンツのポイントは「オリジナルで読者にとっての有益性」である ことを忘れないでください。