SEOの仕組みがインハウスSEOに向いてきた

たとえ内容の薄いホームページでも、外部対策さえしっかり行っていれば 上位表示されていた時代がありました。しかしGoogle のアップデートにより 、 内容がない、訪問者の役に立たないホームページの上位表示が厳しくなってきました。それは Google が、検索している人に最適なホームページを表示させようとアルゴリズムを常にアッフデートさせているからです。 企業のホームページも、訪問者の役に立つ内容がなければ上位表示されに くくな ります 。だからこそ、手聞をかけた手作りサイトが今後評価さ れてい くのです。個人や外注先のやっ つけ仕事ではなく、社内でじ っく りとサイト を育てたほうが圧倒的に評価されます。 実はこの点こそ、インハウス SEO をすべき点なのです。

ロボット型への対策

現在の主流であるロボッ卜型検索エンジンへの対策方法について、現在日本ではどのようなロボット型検索エンジンが利用され ているのだろうか。 Google . Yahoo! JAPAN . Live Search (MS N) の3エンジンの対策をしておけば、圏内トップ 1 0のサイトにおおよそ対応できることがわかるだろう。分析のために掲載順位や流入数の定点観測をするのであれば、 Google . Yahoo !JAPAN . Live Search (MSN) の3エンジンを行っておけば十分だ。また、 Google、Yahoo ! JA PAN、Live Search (MSN)の3エンジンは、一部特有のアルゴリ ズムは存在するものの、「検索体験を向上させるためのアブロ ーチ方法」はどの検索エンジンにおいても共通で適用できる概念であるため、 対策方法に大きな差異はないと考えて良いだろう 。

SEO評価されるコンテンツ

ただ単にアフィリエイ 卜リ ンクをクリックさせて誘導しているだけの独自性のないブログ記事はなかなか上位表示できません。googleが良しとしないコンテンツになっているので、仮に希望するキーワ ードで上位表示したとし
ても、それは一過性のもので、すぐに順位がタウンしてしまうはずです。対して、同じアフィリ エイトサイトでも訪問者にとって役立つオリジナルコンテンツを発信していれば、検索順位を維持し続けることができます。同じア
フィリヱイ卜サイトでも、アフィリエイトサイ トだけでも充分に コンテンツとして成り立っていれば、検索順位の維持ができるのです。google の評価される コンテンツのポイントは「オリジナルで読者にとっての有益性」である ことを忘れないでください。